分析法

【劣化した吹付け材の危険】吹付けロックウールにはアスベスト含有の可能性があります

ロックウール製品は現在も様々なところで使用され、アスベストの代用品として取り扱いがされていますが、平成初期までの製造品には、吹付けロックウールにアスベストを混ぜていた可能性があります。

吹付けロックウールの中に混じったアスベストは大変細かく、アスベストの含有・不含有を目視で確認することは大変困難です。

また、施工時期と製品の生産時期のみで判断することは確実性に乏しいため、正しい判断には「専門機関の分析」が必要です。

アスベスト含有の吹付け材は、その飛散のしやすさからも、取り扱いには注意が必要な建材です。

改修・解体前の事前調査だけでなく、身近に劣化している建材が存在している場合にも、安全対策のためにデイラボのアスベスト分析をお役立てください。

デイラボの分析結果報告書は、誰が見ても結果が一目で分かる写真付きの報告書となっています。

アスベストに関するお悩み事はぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

【参考情報】

環境省 参考資料 2 石綿含有材料の一覧